19/08/2018
Breaking News

将来性は正看護師のほうが高い

正看護師は、高校卒業後に看護師の養成学校に3~4年通い、国家資格を取得するのが一般的です。
他の看護職資格には、准看護師の資格があります。
これは中学卒業後准看護師学校に最低2年通い、都道府県知事試験に合格すれば取得できます。
また、准看護師資格取得後に実務経験を経て看護師養成学校に進学したり、通信制看護学校を修了したりすれば、看護師国家試験受験資格を得ることが可能です。

准看護師は、医師や看護師らの指示に従って仕事するという点が看護師と異なります。
できる業務内容にほぼ差はないものの、指示が必要なために看護師の補佐役として雑用を担う、というケースも見られます。
責任を負う業務に就けないので、看護主任や部長、師長などの管理職に昇格できない場合もあります。
それに加え、保健師や助産師、認定及び専門看護師などの資格も取得できません。

こうした理由から、正看護師と准看護師では給料に差が生じています。
平均年収は、正看護師の場合約450万円、准看護師の場合約400万円です。
准看護師は人件費が抑えられるとあって、クリニックや診療所などでは積極的に採用する傾向にあり、大規模な病院では診療報酬が高くなる正看護師を採る傾向にあります。

給与の差を解消し看護職のスキル向上を目指すために、准看護師制度をなくして看護師の一本化を図る動きが出ています。
准看護師は社会人でも取りやすいという利点がありますが、10代や20代であれば正看護師の資格取得が第一選択となるでしょう。